保育士転職

腰痛悪化で保育士から一般事務へ転職!快適に仕事ができ年収もアップ

保育士から一般事務へと転職をしました。学生時代から小さな子供が好きだったので保育士になりたいと憧れて保育士になったのですが、実際に働いてみると毎日子供たちの相手をするのは想像していた以上に体力がいりますし、仕事がハードすぎて身体があまり強くない私は体調を崩してしまうことが増えました。

それでも保育士になったのだから頑張りたいと思ったのですが、腰痛が悪化してしまったんです。何度もぎっくり腰をするようになり、このままでは周りに迷惑をかけてしまうと思ったので保育士でいることを諦めました。そして、他の職業に転職することを決意したんですよね。

最初は保育士しか経験がないのに、他の仕事をすることができるのかなとすごく不安でしたが、どうして保育士をやめたのか転職先の人に事情を話したら理解してくれたので無事に転職することができました。一般事務は、必要な書類を作成したり、処理、整理もします。郵便物を発送したり、来客や電話対応など色々することはありますが、基本的には座って仕事をするので保育士と比べてすごく楽だなと感じました。

転職したらお給料が少しアップしましたし、仕事中に腰が痛くて辛いということがなくなったんですよね。肉体的にも精神的にもすごく楽になり、保育士から一般事務に転職して本当に良かったなと思いました。転職するまでは後悔するかもしれないと不安でしたが、あっという間に事務仕事に慣れたので自分でも驚いています。

また、以前の職場では男性との出会いはまったくありませんでしたが、転職した会社には独身の男性がたくさんいるので、良い出会いがあり結婚することができたんですよね。出会いを期待して転職したわけではありませんが、実際に転職して良い出会いがあったのでこの道に進んで良かったんだなとしみじみ感じています。

私がもう少し体力があり腰痛がなければ、保育士の仕事は続けていたと思います。ですが私には無理だと判断し、すぐに転職をすたことは本当に良かったです。